プログラム調節計機能拡張

プログラム調節計の機能拡張

ご要望・課題

自動車エンジンの部品の熱処理工程の制御PLC他のリプレースについてのご依頼。
今まで使用していたPLCの製造中止に伴い、リプレースの必要が生じたが、新しいPLC機器では従来機に比べて足りない機能があった。
温度とCP(カーボンポテンシャル)値の処理パターンが厳密に決まっており、これの範囲を守りながら処理を制御する必要があった。

解決方法

新しい機器の機能を補うための機能拡張を行うと共に、熱処理した結果を自動的に保存するソフトウェアを導入し、使いやすさを向上させた。
また、温度とCP値の設定パターンを画面を見ながら設定できるようソフトウェアを開発した。

<具体策>

PLCによりCO・CO2からCP値を計算し、温度の制御を行い、その測定ログをPCに自動保存するソフトウェアを作成した。
また、温度とCPパターンを監視するためグラフィックターミナルパネルに表示する様にした。

  1. 温度とCP値の設定パターンを、画面で見ながらパターンを設定できるようにした
  2. 実際の処理温度とCP値のトレンドを一緒にレポート出力できるようした
  3. 熱処理データをロット毎にファイルを作成し、品質情報として保存。後日、熱処理実績のデータ検証を容易になるようにした

<使用した製品>

  • 自動弁
  • 調節弁
  • 温度計
  • 熱電対
  • CO濃度計測器
  • CO2濃度計測器
  • O2濃度計測器
  • PLC
  • グラフィック操作パネル

関連記事

  1. 流量計の落差補正を自動化 流量計の落差補正を自動化
  2. 非連続流の連続流化 非連続流の連続流化
  3. 1B流量の制御 1B流量の制御
  4. 反応釜温度制御 反応釜温度制御
  5. 高機能型調節計更新 高機能型調節計更新
  6. NGLガラスレベル計 NGLガラスレベル計
PAGE TOP